« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月31日 (水)

読める本ができました☆

 憂のブログ、コメント300回目を突破しました!!ちょっとすごい、ちょっと幸せ♪
みごと300回目に当たりましたはじめさんには、憂から、ささやかな拍手を・・・ぱちぱちぱち。

 さて、ものすごーい本好きの憂がうつ病になってすっかり活字離れしてしまいました。文庫本を開いても長続きしないんですね。だんだん、書いてある内容がチンプンカンプンになってきちゃうんです。まだ、脳みその疲労が取れきってないようで

 そんな憂でも、読めるようになりました。この本です♪

読める本ができました☆

 俳句の本です。  これなら、一つの作品を絶対に読みきれる自信があります!

 大好きなんですよ、この方の俳句。
 誰だか、分かります?

 これだけで分かった方、すごいですよ。 本当にすごいですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月30日 (火)

憂の頭と睡眠

眠薬絶ちしてます。

先週一日中うとうと状態で、これはいささか、いけないかな、と思いまして。日曜の夜から、今まで【中間型+短時間型を寝る前に飲む】だったのを【夜中にぱっちり目が覚めちゃったら短時間型を飲む】にしてます。

月曜から日中はほとんど眠気は取れました。これは、めでたし、めでたし。

ただ、夜は結構つらいかも。
まず、入眠できない。頭の中で言葉がぽこぽこ生まれてきます。普段思ってること、今日あったこと、別に悪い内容ではなくて、むしろ、たあいない内容。
一個一個電気消してくみたいに頭の中から追い出してく。
何かのメロディがぐるぐるしてる時もある。これはしつこい。でも、それを追い出して…。

頭の中が静かーになると、やっと、うとうとの時間。
でも浅い眠りのようです。夢の連続。

そして丑三つ時になるとぱっちり目。

短時間の眠剤飲むと、だんだん意識がぼんやりしてくる。
約3時間のまどろみ、多分この3時間で、今の所一日の睡眠をまかなってるんだろうな、この2日は。

これからどう影響が出てくるか、まだ解らないけど、もう少し続けてみます。
何しろ、日中その方がずいぶん動けるので。

では、どうか今日も楽しい夢が見られますように・・・。

おやすみなさい・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

ゴマが泣いてる(ノ_ ;)

 テレビのクイズ番組で、漢字クイズに盛り上がる母娘。いつもは黙って見ているだけの父。なのに、「金鍍金」の出た瞬間、父が普通に読んだことに「お父さん、すごーい!!」と心から叫んでしまった、憂です。




 さて、引き続き、食べ物関連のお話なんですが。

 今日、夕飯にわかめのスープ(ゴマ入り)とほうれん草のゴマ和えを食べました。(その他ぼちぼち)

 憂は、ゴマ、一粒たりとも残せませぬ・・・。すりつぶされたゴマはいいんですが。粒は。

 なぜかというと、・・・・・かわいそうで




 想像してください。農家の方に大事に育てられたゴマ。それでも、収穫時、製造工程で、取りこぼされたり、検査に引っかかったりして、家庭の食卓にたどり着けなかった子たちもいるんですよねぇ。
 せっかく憂のお皿の上まで来てくれたのに、憂が食べなかったら、この子の命は、無駄になっちゃう・・・・・。



 とても、残せない・・・・・。水道水にすすがれて、排水溝に落ちていくゴマを見られない。




 おおげさな・・・。

     とお思いですか?

 否定はしません。実際、人が残したゴマまで憂が食べなきゃ、とは思いません。

 でもね、憂のお皿にあるゴマは、残せないんですよ。
 もちろん、お米も、野菜もお肉もお魚も・・・・・なんでもそうです。
 食べきれない、と思った時には、いっそ手を付けず、次回に回します。



 感情移入しすぎかもしれません。そんなこと気にしなければ、もっと楽かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

砂糖が 恐い

 昨日、今日とまた県内ニュースで「大型トラックが追突、死亡事故」と言ってました。この週末だけで6人亡くなってます、何とかしてください・・・。

 さて、憂は、砂糖が苦手です。  もともと、小さい頃から、特にケーキとかは、苦手でした。給食でケーキや生クリームの入ったパンが出たとき、昼休みまで、気持ち悪くなりながら食べてた覚えがあります。

 でも、今は、甘いものは好きです。浅漬けもちょっぴり甘味を強くします。お菓子も食べます。お饅頭もみたらし団子も好きです。

 なのに、砂糖は恐い



 ・・・・・、だんだん言ってる意味が分からなくなってきましたね、すいません。

 つまり、砂糖を摂ると、血糖値、上がりますね、急激に。
 急激に上がった血糖値は、急激に落ちるんです

 そう!憂は低血糖になりやすい!!

 低血糖になると、手足がガタガタ震えます。体を動かすのが辛くなってきます。それでも放っておくと、変な汗が出てきます。冷や汗ですね。そして、身体に力が入らなくなって、だんだん、意識がもうろうと・・・それ以上は恐くて放っておいたことがありません。

 治すのは、結構簡単です。血糖値を上げればいいので、家にいれば、砂糖をスプーン1杯食べます。ホントはブドウ糖が一番即効性があるけれど。
 出先で起こったら、・・・憂はいつも飴を持ち歩いてます。低血糖予防に。
 それでも、効いてくるまで20分位はかかるから、できるだけ早めに処置した方がいいと思います。

 でもね、低血糖が起こったら砂糖、ってそれを繰り返してると、急激な上昇・下降を繰り返すだけで、何の解決にもならない。

 で、どうやら普段から血糖値が上がりにくい生活をしてると、たまに砂糖が体に入っても急上昇しないみたいなんです。(憂の実体験より)

 だから、普段は、極力砂糖は摂らない。お料理では、オリゴ糖とか、本みりんとかで代用してます。 あと、糖の吸収をゆっくりにするように、汁物には寒天を入れたり

 これも、自律神経の失調症状なんですかねぇ。

ただ、今思うと、極端に砂糖を嫌った時期が長引いて、脳が栄養不足になって、病気になっちゃったのかなぁ、なんてことも思うのです。

 みなさん、何でもバランスよく、食べましょうね(自爆)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

運転・恐怖

 憂の住んでるところは、毎年都道府県別交通事故死者数ワーストの3位に入ってしまいます。少し前まで、連続1位が続き、殿堂入りするんじゃないかと思うほどでした。



 しかし、昨年から、飲酒運転がすごいクローズアップされてますよね。
 そして、大型トラックの運転マナー・・・。

 前にも、一度触れたことがあるのですが、憂は運転、すごく恐いんです。特に夜。

 国道1号線をよく通るのですが、たいていみなさん、80キロ位で運転してます。(混んでいればゆっくりですが)

 憂は、65キロが精一杯です。

 道幅の狭い県道や市道は、制限速度より速いと、ホントにホントに恐いんです。
 だって、ぶつかったらどうしようって。速度が速ければ、それだけ、憂の反射的対処は遅れます。

 今日もこれから、歌のレッスンです。国1通ります。

 で・も・ね、金曜日の夜は、結構安心だったりするんです♪

 なぜでしょう?








 だって、パトカーがあちこちに巡回してるから~☆

 みんなは、嫌がるみたいなんですけどね。憂は、安心して、制限速度で走れます。

 警察官の皆様、市民の安らかな生活を守るため、日々のご勤務ありがとうございます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

憂の別荘

 やっと「東国原英夫」をすんなり読めるようになった事に、小さな幸せを感じております、憂です。

 


 あの、別荘作りました。 

 




 本物じゃなくて、ブログの です。

 憂の作ったもの、見てもらうように、専用ブログを作りました。

 こちらは、うつ病関連の記事を主としたいので。

 よろしかったら、時々、覗いてくださいませ。

 まだ、作り立てなので、すでに見たことある映像が多いですが・・・。

 http://blog.so-net.ne.jp/kawayu-i/

宇都宮憂のかわゆーい仲間  と申します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

野菜祭☆

野菜祭☆

今日昼寝から起きたら台所が野菜だらけでした。 白菜が5玉、大根(でかっ)4本、かぶ(これまた大)がゴロゴロ…。
母が農協で安かった♪と買ってきた直後におばあちゃんから電話で取りにおいで、と連絡があったとかで。

憂は食欲のない時でも浅漬けなら食べられます。一日大根(中位)1本平らげます。

だ・か・ら♪

明日から食べ放題!!!

母には「それをおかずにしてご飯も食べなさい」と言われるけど、ご飯はお腹に入らないんだよぉ…なぜか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

ソリストとアンサンブル

 「ひーとはーぁ、かわいいー、かわいいものでぇすねー♪」・・・という、美空ひばりの歌詞の意味がなんとなく、分かる気がするなぁと、わが身の成長を感じております、憂です。

 さて、歌のレッスンでのお話。

 憂の参加している合唱団が4月22日に公演をします。憂以外の人たちは、何年か前から歌っていて、更に技術を磨いている状態です。

 つまり、憂はあと3ヶ月で舞台に立つんです、もうすでに、いつ舞台に立ってもいいような方たちと一緒に。
 プレッシャー?   感じないといえば、うそでしょう。けど、見てみぬ振り。できる限り。

 でも、やっぱり、少しでも上手になりたいし、気持ちよく歌いたいし、皆さんの足引っ張りたくないし・・・で、憂なりに、CD聴いたり、譜読みしたり、ラテン語訳を歌詞に照らし合わせたり、予習復習してます。
 もちろん、レッスンでも、一緒に受けている2人の先輩に追いつこうと、努力してました。

 そんな中で、突然先生が言いました。

 「今のとこ、一音目は歌わず二音目から、歌ってみようか」  にこっ

 それは、16分音符の続く、音程の取りにくい、しかも、結構高音の数小節。一音目は、歌わず、ピアノの音で、音程を修正しながら歌ってみようという提案でした。
 そして、歌い終えると、

 「うん、今度は、自分が音を取れるか自信のないところを省いてみて」  にこにこっ

 はい!?

 「今度はさっきとは違う音を省いて」  にこにこにこっ

 何度か、それを繰り返しました。そして、先生いわく、

 「どう?気がついた?」

 あ、・・・うん。2つ。 
 ひとつは、初めはみんな音程はずしてたのに、合うようになってきたってこと
 もう一つは、みんなそれぞれ結構音省いてるはずなのに、3人で出してる声は、初めよりグンときれいになってるってこと
 先生は、更に続けます。

 「みんな、一生懸命歌おうとしてるでしょ」・・・・・はい、もちろん

 「一生懸命になればなるほど、自分の声に集中しちゃって、周りの声、正しい音って耳に
   入らなくなっちゃうんだよね」・・・・・はぁ、確かに

 「だから、自分で音が狂いそうだなって思ったら、声出すのやめて、正しい音に耳を
   傾けるの
。絶対、正しい音程で歌ってる人がいるから

          ・・・・・なるほど。でも、憂、そうしたら、歌うとこ、なくなっちゃいそう(汗)。

 「ソリストはね、一人で歌うから、一音もはずせないし、省けない。そういう責任がある
   その代わり、一人で歌うから、誰に合わせるってことを考えなくていい。自分が解釈し
   たイメージを好きに表現できるんだ

 「アンサンブルはね、みんなで歌うから、苦手な部分を無理して音出そうとしなくてい
   い。得意な人に任せていいんだ
。その代わり、みんなが同じイメージをもって、同じよ
   うに表現する、そうしないと、全体のバランスが崩れちゃうんだ

 でも、一人一人声の質も違えば得意なものも違う、そういう持ち味がちゃんと反映されて
  るんだよ。メンバーが一人代われば音質が変わる。それが、アンサンブルのおもしろ
  いところなんだなぁ~」

 

 憂は、歌を習ってるのに、なんだか、もっと大切な事を教わってるって感じました。

 憂は、ずっと、ソリストになろうとしてました。歌で、じゃなくて、仕事でも、家でも、生活でも。けど、社会生活って、たいがい、ソロじゃなくて、アンサンブルです
 周りと協調しようとしながらも、一音も落とさないように、とか、自分が崩れたら、みんなが崩れるって思ってた。
 憂ががんばろうとすればするほど、ある人からは「憂さんみたいに全部に手を抜かずなんてできない」と言われ、ある人からは「みんなで分担してやるより、憂さん一人でやった方が、うまくまとまるんじゃない?」と言われ。
 いつのまにか、みんな頼る側頼られる側のどちらかに分かれてしまう。
 仕事をこなせた人は更に仕事を与えられ、失敗した人には任せられないと仕事を減らされる。
 なんだか、憂が病気になった一因が垣間見えた気がしました。

 みんなで、いい仕事をするには、この「アンサンブルの方程式」が大事なんだね。もちろん、合唱より、仕事の方が、完成形のビジョンや仕事をどう分担するか、すごく複雑で難しいけど。

 今、憂には、アンサンブルの中で自己発揮する、そういうことを学べるチャンスが訪れてる。これって、結構大きな、幸せです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月23日 (火)

来ましたo(><)o

来ましたo(><)o

やっぱりメジロはカワイイです!
小さくて、丸くって、そしてこの緑色。

でも、この写真のうらでは、母ががんばって(?)ました。棒持ってヒヨドリを追っ払ってたんです。
「これは、あんたの分じゃなーい!」って。

・・・・・そんなに邪険にしなくても…。
同じ小さな命じゃないの

そりゃ、ヒヨドリはメジロの4〜5倍大きい。

でも外見だけじゃなくて自然を生き抜く命の可愛さを見てあげようよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月21日 (日)

キィーーイイ!!

キィーーイイ!!

憂のお父さんは、みかんが大好きです。

先日、歌のレッスンの後、先生がポンカンをくださいました。大きくて、箱売りしてそうな高そうなポンカンでした。
「お父さんに食べさせてあげよ♪」憂は食べずに持って帰りました。
いや、憂は果物は夜食べるもんじゃないという考えの人なんです。それに、正直、食べ物に興味関心がほとんどない。(うつになってからおいしいと思える物が極端に少なくなってしまいました)だったら、おいしい(o^〜^o)って食べてくれる人に食べてもらった方が、ポンカンも幸せでしょう?

なのにぃ・・・・・。
実際食べたのは写真のこの子です。題名はこの子の鳴き声です。すごいうまそうにむさぼっていました。ツガイで。
そりゃあおいしいだろうね(T_T)いい物なんだからサ。
でも、あげた張本人は
、そう、お父さんです。むさぼるヒヨドリを嬉しそうに見てました。
まぁ、結局お父さんの喜びにつながったんなら、いいかぁ。
家の中でお母さんだけが「もったいない、何も一番おいしそうなのを鳥にくれなくても…」と文句タラタラでしたが。
憂も実は一口位食べてみたかったなぁ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

頻脈って、ヤバいんですか?

 通院日、お医者さんには言いたいことが、山ほど。でも、言い忘れ続出の憂です。(メモ必需品)

 一つ目・・・・・まぶたがピクピクして、止まらないんです。

 →Dr.: あ、それ、目の疲れだね。

 せんせっ!憂は一体何にそんなに目を酷使してるんでしょうか?一日13~4時間目をつぶっている憂が・・・。編み物もさぼり気味だし、PCもしばらく開いてないのに。(ずっと携帯からのアクセスでした)

 二つ目・・・・・全身がかゆいんです。とにかくかゆいんです!

 →Dr.: 最近乾燥してるからねぇ。
  憂 : でも、普通じゃなくかゆいんです。
  Dr.:  じゃ、血液検査もしてみますか?肝臓とか体に原因があるかも知れないし。

 ぜひ、お願いします。クリームもステロイド剤もあんまり意味ないようなので。
  Dr.: あと、食事や睡眠は・・・、取れてるね。気分もまずまず・・・。じゃ、お薬今までどおり出しときますんで、外でお待ちくださいね。

 あ、あと一つ。・・・・・動悸がすごくて、脈は一分間に103とか104とか・・・。

 →Dr.: え・・・・・。何にもしてないのに?急に?・・・・・100超えたら頻脈だね、お薬減らします。(即決)

 憂テキには、頻脈も、かゆかゆも、ピクピクもみんな同じくらいのレベルに考えてたんだけど、お医者さんテキには頻脈はほっといちゃいけないレベルだったようです。

 そして、頭で脈打つ事とか、パーティーの事とか、他にも伝えなきゃと思ってたけど、そこで、打ち切りでした。(憂の頭から消えてました、小動物並みの記憶力・・・)

 でも、減薬。まぁ、いい方に考えましょう。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月19日 (金)

答えは・・・

答えは・・・

答えは、これです。

冬眠中の「シマリス」

母には
「起きてる方がかわいい」
と言われましたが、憂は絶対まずは冬眠中!!だと、決意表明です。
これから起きてるシマリスと、元気なエゾリスを作りたいと思います♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

くいず

くいず

何とか体調も持ち直したかなぁ?という感じの本日です。

昨日は夜元気だったので、また新しいモノを編みあみしてみました。

さて、これは何でしょう?あるものの一部です。
ちなみに、父は「さつまいも」母は「いのしし」と答えました。
父は憂が茶色い物を編んでると、何でも「さつまいも」といいます。
母は「ホントはナメクジかと思ったんだけど…」

二人の意見は参考にはならないようです。

答えは、まだ出来上がってないので、次回にしたいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

気になる 脈

 今年に入って、まだ15日ですが、人疲れのほかは、結構調子のいい感じだと思っている憂です。

 でも、今日はいささか・・・。

 いつものように、一休みで横になっていました。
 「あ、トイレ行っとこ、めんどくさくなる前に・・・」
 そして、帰ってきたら、頻脈  !!!

 えー、猛ダッシュなんてしてませんよぉ。  ただ、普通に歩いただけですよぉ。  そんなに広いお家でもないのですよぉ・・・。

 なのに、また、100超えてる。しかも、暑い!!冬なのに!息苦しい!

 その上、ちょっと寒いところに出たら、頭の中で、脈打つように「キン・・・キン・・・」て、音がする。(音?それとも一瞬の閉塞感?)   

 これ、何でしょう???  

 気分は悪くないし、だるさもとれたし、でも、この脈・・・。

 心臓?   脳?  自律神経?   ・・・・・不安スパイラルが始まったぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年1月14日 (日)

睡眠学習♪

この週末はごろごろ寝でした。
それでも、昼夜逆転で夜眠れないと嫌なので、耳にはイヤホン、例のレクイエムをエンドレス∞

何だか充電機につながれた携帯電話みたい・・・。

さすが、これだけ聞いているとイヤホン外しても頭の中でぐるぐるメロディが回ってます。
ずっと前、新聞の広告欄で英会話の睡眠学習の宣伝をしていたのを思い出しました。

ところで、レクイエムって【教会音楽】と思うと神秘的ないいイメージなんですが、歌ってる内容は仏教で言うお経のようなモノなんですね。

メロディはだいぶ頭に入りました!後はラテン語です。

60分もある曲、ホントにあと3か月で歌えるようになるんでしょうか???
体力とも要相談です。

明日からも、ごろごろする時は睡眠学習です。でも外出もしないとな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月12日 (金)

テンションが低い

今日は朝からテンションが低い。と言っても【体調不良】とまでは行かなくて、外から見ると単なる不機嫌(-_-)。
まあ、こんな日もありますよ。健康な人だってね。
だから、がんばってみる事にした憂です。

今日は歌の先生のお家でコンサート&パーティーでした。周りほとんど初対面に近い人たちばっかりです。
コンサートは自分の好きなように聴いていればいいので何でもなかったんですが、やっぱりパーティーは、正直居心地いいとは言えない…。テンションの高い時なら初対面だろうが平気でひとなかに入って行っちゃうんだけど、無理…。話し掛けられれば一応笑顔で応えるけど30分が限度でした(:_;)
先生、どうかお許しを。一応がんばった方なんです。
人に慣れるのもちょっとずつ、欲張らずに、行きたいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

音楽プレイヤー

午前中はやっぱり調子がのらない憂です。

それでも、音楽を聞く事は、寝ていてもできる。
ちょっとだるい体を動かしてCDラジカセを準備。さてと、今日はレクイエムを聞きまくっちゃうゾ♪・・・って、思ったのにぃー!!!

ラジカセ:キュルキュルキュル〜…プツッ・・・。

あれれ?動きません。

とりあえず、古典的対処法。→パシン☆… 叩いてみました。

ダメか。 じゃあ、第2段。→「これで動かなかったら捨てちゃうヨ!」… おどし、てみました。

もちろん、ダメね(´Д`)
まぁ、もう10年以上使ってるから、調子も悪くなるかぁ。ついに買い替え時。

午後から電気屋さんに行ってきました。

種類がいろいろあって、しかも予算も限りがあるし、憂の苦手な【選ぶ買い物】です。途中で面倒くさくなって「もう今日買うのやめようかな…」と思った時、ふと目にとまった機械。

へぇ、これ一台でCD・MD・レコード・テープからMP3やSDカードにデジタル録音できるんだ(@_@)
これイケます♪携帯電話にも取り込める。持ち運べる。しかもテープまで。

いい買い物ができました。今日はその後ずっと聞いてます♪♪♪o(^-^o)(o^-^)o♪♪♪

おかげでメロディ覚えられそうです。
ホッ(^O)=3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 8日 (月)

歌い初め♪モーツアルト♪

 歌い初めリベンジ、行って来ました!
 ・・・でも、憂テキには、発声練習で終了、っていう感じです。今日は、いつもと違うメンバーでのレッスンでした。皆さんレベルが高い!!憂、まず歌詞をスラスラ読めるようにならないと・・・。

 ただ、沈んではいません。むしろ、追いかける背中がいっぱいあって、「あんな風に歌えるようになりたいなぁ」って、とてもワクワクしてます

 今、憂の歌っている歌は、♪モーツアルトのレクイエム♪ ラテン語です。

 「アマデウス」っていう映画観た事ありますかねぇ。モーツアルトの死の間際を題材にした映画なんです。 
 憂はその映画を観た時、(全編でいろんなモーツアルトの曲がBGMに使われてるんですが)あるフレーズが1回聞いただけなのに耳にいや、頭に?心に?こびりついて離れなくなっちゃたんです。
 高校生の頃だったかな。しかも、涙が勝手に流れる。何て悲しいメロディーなんだって、当時思いました。
 たった6小節のメロディー。「その日は涙に暮れる日」の冒頭。

 その理由がやっと分かりました。先日の先生のレッスンの中でのお話で。
 そのメロディー(前奏を入れて8小節)を書いたところで、絶筆したそうです。まさに、死に際のモーツアルトから生まれたメロディー。これ以降の作曲は、弟子が書いて、完成させています。
 悲しいはずです。それを聞いて、憂はなんだか、感情移入しすぎて、歌えない気持ちになりました。CDを聞いただけでも堕ちそうで、恐かった

 そして、今日のレッスン。先生はまた違うお話をしてくださいました。
 なぜ、モーツアルトほどの天才が、何ヶ月かかってもレクイエムを完成させる事ができなかったのか。モーツアルトなら数週間あればできそうな長さの曲です。
 時代背景や、当時の作曲家の暮らしぶり、キリスト教徒にとってのレクイエムに対する荘厳な想い・・・。
 モーツアルトは、この曲に対して、「無くてもいい音など、一つとして入れまい」、という位にメロディー、ハーモニーにこだわって作っていたというのです。完璧さを求めるあまりに、完結に至ることができなかったんですね。確かに、先生のおっしゃるとおり、ところどころにいろんな仕掛けが施してあります。

 モーツアルトのこの曲を書いてる時の気持ち、・・・悲しいだけじゃない。憂はもともとマイナス思考気味な人だから、「悲哀」な部分を敏感に感じてしまっていたけど、実に偏った解釈でした。
 今は、感情移入しても歌えない事ないです。むしろ、そんなに想いの詰まった歌を歌えることに感謝です。モーツアルトが伝えたかったこと、聞かせたかったこと、憂なりにしっかり咀嚼して、心で歌いたいなぁ。

 いや、その前に、ラテン語の発音、音取り、安定した発声・・・基本的技術も磨かないと、です。うん、面白くなってきた。明日から、恐がらず、CD聞き三昧しようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

フラストレーションの行方

歌のレッスン、年明け初日です。12月は半分行けなかったので今年はなるべく休まずに済むよう、体調管理をしてました。で、意気揚々と教室に到着♪ドアを開けようとしたら…

あれ?
鍵かかってる。
電気付いてないし…。
え?

憂の頭のなかをいろんな思いが巡ります。
「憂が日時聞き間違えた?」
「電話してみようか?」
「でも何て言ったらいいの?」
「このまま帰っちゃう?でも無断欠席って心配かける?」

結局どうしたらいいのか分からなくなって、とりあえず車の中で待つ事に。何をって目的もなく。
しばらくして先生に会う事ができました。
そして先生の一言。
「今日レッスンなくなったの、憂さんに連絡するの忘れてた〜!」

さて、そこで問題です。その時の憂の気持ちは次の内どれでしょう?

A:喜(あぁ、よかったぁ)
B:怒(せんせっ、それありえない!)
C:哀(え、憂だけ忘れられてたの…)
D:楽(もう、先生笑える♪)

さて、どれでしょう…。

答えは、

A:喜
何がよかったって、不安な時間から開放されたから。なんでこうなったか 理由が分かったから。
うん、ホントに安心した。
もちろん、後から落ち着いたら怒も哀も楽もちょっとずつ思ったんだけどね。

ただ、不安だった時間のフラストレーションていうか、エネルギーというか、そういうモヤモヤを何とかしたくなってしまって。

え〜い!衝動買いしてやる!!!

手芸店に直行で物色。欲しい物ぜーんぶ買ってやるぅ!

でも、御会計したら1100円でした。
器、小さっっ(>_<)
ん、ま、いっか。で、買ったのは【毛糸のもと】
そしてそれで作ったのがこんなお花です。

作ってて思ったんだけどね、イライラしてちゃかわいい物はできないね。
よしよし♪って可愛がって作るからかわいくできるんだね。

フラストレーションの行方

フラストレーションの行方

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

日野原先生のお話

 今日は、エゾリスの憂です。

 朝からテレビを見ていたら、うつぶせ寝の奨励で有名な日野原重明先生が健康の秘訣と題して、お話してました。95歳で、万里の長城登られたらしいです。おまけに、万里の長城の階段は、一段が、日本の平均的な階段の1.5倍の高さだとか。
 「私は脈拍120までは大丈夫ですから、それ以上上がり過ぎないように登ってきました」と、笑顔でした。
 ちなみに憂は、安静状態で脈拍110近くまで上がる事があり、そんな日は、寝ているだけでぐったりです。 比べ物になりません。
 日野原先生は亥年生まれだそうです。関係ありませんか・・・。憂は丑年です。のんびり、まったりがお似合いです(笑)。

 そうそう、その日野原先生がおっしゃってたこと。
 夢は大きな輪。
 自分はその弧になる。
 自分が輪の一部になって人を動かす事で、弧がつながり、いずれ、大きな夢を叶える輪になる。
 自分一人の線の長さは短い。一人で何かを成し遂げようとしてもその輪は小さい。大きな輪を作るには、自分が弧になる必要がある。

 ・・・・・、正直、咀嚼するのに時間がかかりました。でも、うん、なんとなく分かる、・・・かなぁ?憂が理解したより、もっと壮大な事をおっしゃってるのかも知れない。
 ただ、憂の頭は ポカ~ン でしたが、憂の心はすごく刺激的に感じ取ってました。

 これは、覚えておかなくては。今は理解できなくても、いつか、「あぁ、今憂は弧になっている。この達成感・・・」と悦に入るときが来るかもしれない。・・・・・そんな風に思って、今日ここに、書き留めました。

 95歳の大先輩ですものね。そう簡単に共感できる世界観ではないでしょう。

 いつもだと、頭と心がバラバラの時は大抵心が悪い方に暴走してしまうのだけれど、今日は心がいい方に敏感でした。

 今年は感性を磨く年にしたいなぁ。いい事も悪い事もまんべんなくアンテナ広げて。それでもつぶれない自分。とりあえず、ちっちゃい夢の輪です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

A HAPPY NEW YEAR!

A HAPPY NEW YEAR!

お正月ですね。
気分は上々です。でも日内変動が強くて、昨日までは「これでもか!」という位寝てました。で、夜になると元気になるんですねー。
今日はまあまあなのでいい波が来つつあるのかな、と思います♪o(^-^o)(o^-^)o♪
元気な夜にこんな物作ってみました。
今年が皆さんにとってニコッ☆と笑顔の多い年となりますように。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »