« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月25日 (火)

不安の効用

 早めに耳鼻科に掛かった時は、3日くらいクスリを飲んでいるとよくなってきたことが実感できるんですけど、ちょっと今回は、易々とは行かないみたいです。

 気分の調子で、不安が強いときは、身体に異変が現れるとすぐに病院に行きたくなります。行かずにいられません。 
でも、今回、かなりほったらかしました。
 ここまで、ほったらかしにできたのは、逆に言えば、『不安』から解放されつつあるのかもしれません。

でも、もうちょっと自分の体、心配してもよかったな、と反省・・・。

 『不安』があるから自分を守れる、ということもあるのですね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月23日 (日)

やっと耳鼻科へ

 昨日、やっと今月の目標事項の一つ【耳鼻科へ行く】を遂行してきました。

 一ヶ月以上前から、ずっと鼻がつまっていたんです
 市販のアレルギー用点鼻薬を使っていました。鼻の中の腫れは治まりますが一時的。それでも、一日に何度も、「ぷしゅっ」ってして、しのいできました。
 鼻づまり は苦しいけど、他にくしゃみや鼻水みたいな症状もなかったので、「まぁ いいかぁ」と、ほったらかし にしてしまいました。

 ここ一週間くらい微熱もあるけど、「疲れだな」としか思っていなかったし。



 ただ、おととい、次なる異変が・・・。


 目がかすむ。・・・というより、目やにで目がどろどろして、視界が悪い。あれー?
 そして、目の周りを押さえると痛い







 うわぁあぁーーー!!  これは、まずい、まずいよーぉ!!


 



というわけで、もう行かなきゃだな、と、やっと、耳鼻科へ行ったんです。


 診察の結果、やっぱりアレルギーなどではなく、『副鼻腔炎』。顔の中にある骨の空洞に膿が溜まった状態です。

 いつもほったらかして 悪化させてしまうんです。油断大敵火がぼうぼう。
 しばらくは抗生物質のお世話にならなくてはいけません。 しょんぼり。

 みなさんも、体の不調は、ほったらかし にしない方がいいです。

 次は、健康診断にも、行ってこなきゃ。なんとなく、去年見付かった『腎結石』と『胆のうポリープ』の所在が気になります。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年9月19日 (水)

徐々に回復していまふ

 夜よく眠れないと、当然、昼間だるーい生活になります。調子のいいときには、「なんであんなにだるかったんだろう」と不思議に感じるくらい、だるいです。

 すぐ横になりたくなる。

 眠いけれど、眠りにつくことはできない。

 ・・・けど、今回、以前のように【トイレに行くのもイヤ】とか【目も開けていられない】ほどのだるさではないので、少しは、自分自身、進歩してるのかな、とちょっとだけ『てんぐ』。

 この2~3日、本格的に動けるのは、15時くらい~21時くらいまででした。
  残念ながら、銀行の窓口はつかえませんが、自分なりに、この時間内に何ができるか、毎日考えながら生活しています。

 お日さまの出ているうちに。
 公共機関の営業しているうちに。
 お店の開いているうちに。
 お医者さんが診察してくれるうちに。

 毎日、ぼちぼちですが、仕方ない。あーでも、9月中にやりたいことがいっぱいです。

 夏物のニットのお洗濯。
 図書館通い。
 健康診断。
 眼科医・耳鼻科の診察。
 お買い物。
 もちろん、ものづくり。
 
 今日は、朝気分がよくて、母と一緒にお昼前後出かけてきました。でも、そろそろ疲れて横になりたい気分。

 明日は、彼岸の入りなので、できれば午前中にお墓参りに行きたい。
 あ、今日牛スジ肉を買っちゃったから、「牛スジの煮込み」も作りたい。できればお昼に食べたい。

 できるかな。できますように。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

がんばっている人を見ると

 やっぱり、疲れが じわじわ 出ています。

 サバンナの草食動物みたいに、眠りが浅いです。その上、寝つきが悪い。更に、早朝覚醒。眠剤も飲んでるけど、眠りが足りないよー。そんなこんなで、午後2時とか3時くらいまで、なにかの『抜け殻』みたいです。


 今日は、それでも歌の先生のところに行ってきました。レッスンじゃなくて、うまい人たちのレッスンを見学に。
 バッハのコラールと、ミサ曲Hmoll。
 聞いているといい気持ち♪癒されます~。(別にストレスが溜まってるわけではないのですが)


 あ・・・、タイトルの話を忘れるところだった。

がんばっている人を見ると・・・。いや、実際は、『犬』だっけ。

歌の先生の家にミニチュアダックスがいます。以前憂の足の甲の上で寝た子です。憂が撫でてたら立ちながら寝そうになった子です。
 今日は、この子が、がんばっていました。

 何を、かというと、この子、しっぽの付け根がすごく かゆかった みたいなんです。

 だけど、 ダックス だから。

 かゆいところに足が届かない。

 かゆいところに口が届かない。

 壁にお尻を押し付けて、お尻が動かないように固定して、思い切り胴を曲げていました。それでも、口で掻こうとするとお尻がズレてっちゃう。

 その後、憂の近くに来て、今度は憂の脚にお尻を引っ掛けて掻き始めました。


 がんばっているこの子を見てるとね、「その胴長じゃやっぱりむりでしょう?」と思いつつも、でも、その思いを叶えてあげたい!!!・・・応援せずには、というか、手助けせずにはいられません。

 「ここ?」・・・・・と聞きながら掻いてあげました。

 この手助けは、この子の育ちの妨げになっていない?甘やかしになってない?

 犬だから、いいよね。

 うん、いい。

 すごい難しい事でも、自分なりにがんばってるとそれをちゃんと見ている人がいて、足がかりをつくってくれる・・・・・あぁ、ちょうど憂の境遇です。


 歌の先生が、アトリエに憂の作品を置いていいよといってくれました。人の出入りがいっぱいあるから、いろんな人に見てもらえるよって。


 ありがたいやら、申し訳ないやら。でも、認めてくれる人への恩返しは、自分のできることをこつこつやっていくこと、それ以上もできないし、それ以下もないな。


 憂もがんばっている人を見たら、何か力になってあげよう。今は犬のお尻を掻いてあげることくらいしかできないけど。いつかは、ね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

びっくりが いっぱい

 先日は、病後初の本格的遠出、でしたが、そもそも自分の運転で県外に出るのは、生まれて初めてでした。
で、運転してみて、いろいろ感じたことがありました。

 憂は運転に関して、かなり 小心者 です。

 シートベルトをはずしてると落ち着かない。
 一時停止は、必ず3秒止まる。
 どこでも法定速度+5キロ以上はスピードを出さない。
  (60キロ/h以上出すと結構 緊張します) 
 合流地点では、かなり急いでいる時でなければ、「どうぞ」と譲る。
  (特にお仕事をしている車には)
 もし、前の車が事故ったとしても、回避できる位車間を空けます。

 ・・・多分ね、周りの車には迷惑かけてると思います。でも、車がないと憂は出かける術が徒歩しかないので、お許しください。

 この旅のびっくり その①。
 今回は、一般道を行ったので、法定速度は 60㎞/h と思っていました。
 そうしたら、・・・あるんですね。 80㎞/h の道って。
          がーん。
 でも、進まなくちゃいけません。出しました。80キロ。
長かったー。怖かったー。全身の筋肉が硬直しました。道が空いていたので、プレッシャーをかけられることはなかったのが、不幸中の幸いです。
 「りらーっくす・・・りらーっくす」自分で自分をなんとか励ましました。


 そして、びっくり その②。
 愛知県に入って少しすると、同じ看板が、ちらほら見られるようになります。

 『警告! 即死現場』

 ・・・、えー!!即死したの? え、また、ここでも?
 呼ばれたらどうしよう。

 憂には、刺激が強すぎると思うのですが、皆さんは平気なのかな???


 びっくり、その③。
 『この先 工事中』『注意』の看板が、ずらーーーーっと並んでる。
 もうすぐ?もうすぐ?って、不測の事態に備えてるのに、なかなか現場にたどり着かない。丁寧といえば丁寧ですが。工事現場に付く頃には憂の注意力は切れそうでした。


 びっくり、その④。
 右折レーンを直進していく車たち(複数形)。・・・普通に。




 いやぁ、行動範囲を広げると、違う世界が見えてきますね。世の中憂の常識が一般常識とは限らないなぁ、とつくづく思いました。
 ・・・そういえば、憂の頭は『へんてこりん』なんだから、当たり前か(^-^;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

退化してました

 個展の会場へは計3回行ったと、書きました。

 お客様とのコミュニケーションを☆
 憂の作品を直に触れてくださった方に生のご意見を聞ける☆

 ・・・、正直 とても、そんな状態では、ありませんでした。

 しゃべれません。なにをしゃべったらいいのか、頭が真っ白です。


 人間と話すという動作を、ずいぶん怠っていたので、本当に、退化していました。3回目にやっとこ お店の方に普通に話しかけることができた・・・という程度です。
 そう思うと、人と話すという事も、意識してやっていった方がいいなぁ、って思いました。

 外出した時は、怪しくない程度に人に話しかけてみよう。

 例えば、買い物で、お店の人に商品の説明を聞くとか。
 合唱の仲間に自分から会話を切り出していくとか。


 しゃべるって、結構エネルギー使うんですよね。だからこそ、今まで、楽な方に流されてきちゃった。ちょっとずつでいいから、慣れていきたいよ~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年9月10日 (月)

『オッパッピー!』の意味が分かりました!!

 少し前から、気になっていたこと。


 「なぜ、小島よしおさんは、オッパッピーという言葉を選んだのか・・・」

 なんだか、気になって、一時期それを考えて寝付けない事がありました。
 最近では「考えたって、分かる事じゃないよなー」とちょっと、諦めモードだったのですが。・・・分かったんです。新聞に載ってました。その記事によると・・・、


 「オッパッピー!」は「ーシャン・シフィック・ピース!」の略で、『太平洋に平和を!』という意味が込められているのだそうです。

 お笑い好きの方なら、「もう知ってたよ」っておっしゃるかもしれないけど、憂は今日この事実に、すごく感動しました!!

 あー、やっぱりちゃんと意味があったんだ。
 しかも、結構グローバルないい意味だったんだ。
 恥ずかしがらずに「オッパッピー!」って言っていいんだ。

 ・・・、個展の報告で手一杯、というところだったにもかかわらず、どうしてもこにお感動を伝えたくて、書いちゃいました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

こてんぱん・・・にはなりませんでした。

 昨日、個展が終了して、片付けをしてきました。

 準備と最中には、「いろいろ大変~」ってことがありましたが、いざ終わってみると、ちょっと、寂しい。あ、でも、それ以上に嬉しい事がいっぱいでしたよ☆

 病後初めての挑戦や、経験もいろいろしました。「お、こんな事もできるじゃないか」って、自分でびっくりする事も。

 その中の一つが、『長い外出』。

 全部で3回会場に行ってきたのですが、①度目は電車で。②度目は友達の車で、高速道路を使って。③度目は、自分で車を運転して(一般道)。

 いずれも片道3時間くらい。でも、憂にとってはめちゃくちゃ遠出でした。県外に出るのも病後初めてだったし。

 みんなは、電車が楽だろう、って言うんだけど、憂は車の方が楽だったかな、結果的に。

 確かに、電車は乗っていれば、寝ていようがボーっとしていようが、目的地に連れてってくれる。
 でもねー、電車っていろーんな人がいっぱいいるでしょう。
 自分で言うのは変かもしれないけど、憂はパーソナル・スペースが広い。だから、見ず知らずの人たちと密着してる状態がかなりなストレスになります。
 その点、車なら、個室。好きな音楽を聴いて、独り言いいながら、自分のペースで行けるのがいい。


もちろん、車ならではのストレスもありますよ。道に迷わないように、事故らないように、周りの車に迷惑かけないように・・・。でも、これって、事前に準備・勉強しておけば、結構避けられるものです。

 あと、憂は臭いが苦手。不快なものに出会ったとき、視覚は目を閉じればいい。聴覚はイヤホンで音楽とか聴けば紛れる。でも嗅覚って・・・。鼻栓?むり。

 明日から、この2週間の出来事、少しずつ紹介していきたいと思います。

 何はともあれ、無事に終える事ができました事、みなさんにご報告☆そして、応援ありがとうございました

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

しばしお休みを

 おかげさまで、順調にいろいろ進んでいます。

 ただ、個展期間中、何度か会場に行ったり、『別荘ブログ』のほうに重点を置きたいなという思いもあり、こちらはしばしお休みいたします。

 体調も、余裕をもって管理しないと、いろいろな方に迷惑をかけることになるので、ここは、慎重になった方がいいかなと。

 事後報告、必ずしますね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »