« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月

2008年3月31日 (月)

開店準備

 今日は一日開店準備。

 値札をつけたり、ポップをかいたり。そして、お店に並べたり。

 へとへと~、となるところでしょうが、他の出店者さんたちが、思いのほか、愉快な方たちで、いっぱい笑って、帰ってまいりました。


 明日は開店fuji どかーんとイベントも開催されます。

 お天気もよさそうだし、今日は早く寝よ・・・。

 お店の詳細は、別荘に紹介してあります♪

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

母との関係 2

 憂の母は、昔から、辛口です。褒めてもらった覚えが、さっぱりありません。

 「どうして、お母さんは褒めてくれないんだろう?」「どうしたら、お母さんは褒めてくれるんだろう?」って、子供の頃から、ずっと、いつも、考えていました。

 学校で先生に褒められた事を話しても、「そう」・・・でおしまい。
 テストでいい点とっても、「お母さんはもっとできた」・・・自分の自慢にすり替わります。
 何かができたことを報告しても「やっとできたか」の反応。

 だからかな?人に褒められても、(もちろん、嬉しいなって感じるのですが)「そんなに褒めてもらえるような事、憂は本当にしたのだろうか?」「義理で褒めてくれてるのかな。気を遣わせちゃったな」・・・って、心の隅に、素直に喜べていない自分がいるんです。

 未だ、誰に褒められるより、お母さんに褒めてほしい、そう思っている・・・んでしょうね。


 そういう親子関係から、「人に期待しても、それが叶わなかった時の絶望感」を感じることが怖くて、あまり人に期待をしないように、と心がけるようになりました。

 そして、逆に憂自身も、母に期待されずに今日まで来ています。
 何か、新しい事をしようと思うことを話すと、「ムリでしょ」「やめておきなさい」・・・大抵こんな返事です。
 だから、本当にやりたいことは、いつも、母には事後報告。「『できるわけない』なんて、言わせない」・・・なんていうおかしな(?)反発心が推進力になっていたりします。


 ただ、病気になってから、この関係がずいぶん変わってきました

 憂自身が、赤ん坊のように何にもできなくなって、感情を抑えることなく不快なときには泣き喚いて、そこから、少しずつ、いろんなことができるようになって・・・。

 母の反応も、依然とずいぶん変わりました。

 「いつの間に、そんな事できるようになったの?」
 「あんた、思ったより、バカじゃないね」
 「ありがとう」

 ・・・・・、こういうことを言ってくれるようになりました。褒め言葉に聞こえない方もいるかも知れないけど、憂にとっては、『お母さんに褒められた♪』言葉です。


 病気になって、親子をやり直せた、そんな風に思ってます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月28日 (金)

はじめの一歩

 今日、お仕事の打ち合わせに行ってまいりました。

 とあるお店に、憂の作品を置いていただくことになったんです。

 4月1日オープン。

 オーナー(出店者)がお店を間借りして、1ブースに自分の作品を好きなように飾って、見てもらったり、買ってもらったりする仕組みになっています。


 憂のお仕事。


 ① 作品をどんどん作る。
 ② 月に数回お店番をする。
 ③ その他、諸々。



 リーダーさんには、病気のことは話しておきました。何となく、流れで。ちょうど話すタイミングがあったので。
どうせ話すなら、はじめに話せてよかったです。

 本当だったら、立ち上げから参加しなきゃだったのですが、体調やら、なんやらで、直前になってしまいました。
いろいろルールや仕組みを作っていく段階が一番大変な時なのでしょうが、それをせずに仲間に入れてもらうのは、・・・申し訳ないですね・・・。
 でも、その分、これからできることは、力になりたいと思います。(もちろん、いい意味で前向きな気持ちです)

 新しい人に新しい場所で出会って、自分の世界が広がっていくの、今はとても楽しみです。

 楽しいことがあちこちにできるって、いいですね。気持ちがひとところに集中しすぎないから。

 ゆるゆる、前に進んでいきます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月26日 (水)

いたずら

 憂のお父さんは、携帯電話を、まさに『携帯する電話』としか、使っていません。


 メールも、ネットも、カメラ機能さえ、使いません。もちろん、他のデータ管理とか、さっぱり???です。

そんなお父さんの携帯に、いたずら♪



 待ち受け画面を、ドアラにしてやりました。



 携帯をパカっと開いて気付いたお父さんは、




「なんじゃ、こりゃぁ!!!」






 どっかの刑事ドラマの殉職シーンですか?




 でも、お父さんには、元に戻す術はありません。

 まぁ、いいよね。かわいいし♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月25日 (火)

子供中毒

 年明けから、お友達の子供に遊んでもらう機会が、何度かあったのですが、改めて、「子供って、かわいいよなぁ~」と思う憂でした。

 普通に、誰もが思う『かわいい』だけじゃなくて、発達の段階を知っているから、「あぁ、今この反射が起こる時期かぁ」とか、「独り言、言うようになった・・・思考回路が発達してきたなぁ」とか、進化が、目に見えるという『かわいい』もあります。
それから、言葉を喋れなくても、なんとなく気持ちが通じ合ったな、と思える瞬間があると「してやったり!」という『かわいい』もあります。

 なんて言うか、子供と一緒に過ごしていると、「うれしい。楽しい。大好き。」(どっかで聞いたことあるフレーズ・・・)が、いっぱいなんですよ。


 そして、ふと思うのでした。

 憂がぶっ倒れるまで、働いてしまった理由。

 身体がものすごく疲れていても、子供と一緒にいると脳みその中で『気持ちいいホルモン』が分泌されてます。

 本来なら、身体に負担が掛かっているのだから、脳みそは、身体に「ストップしろー」という命令を出さなきゃいけない。でも、『気持ちいいホルモン』が出るから、それがクセになって、つい求めてしまう・・・というわけです。

 アルコール中毒や、薬物中毒と同じような感覚。これ以上やったら、身体に悪いのに、繰り返し、幼稚園に出勤してしまう。
 そうだ、憂は子供中毒だったんだ。
 事実、ドクターストップが掛かっても、クラスの子たちに「あれしよう」「これしよう」っていう思いがなかなか断ち切れませんでした。
 うつ病なのに、偏った「やる気マンマン」というか、できないくせに頭の中でいっぱい考え事して。

 本当は、退職した時が治療の始まりだったのかもしれないなぁ・・・、なんて、今になって思うのです。
 子供と触れ合わなくても、普通に生活できる、元気でいられる。・・・そういうリハビリの始まりなったのかなぁ、と。


 それを、自覚した上で、お仕事とは別に、4月から、地域の託児ボランティアに参加することにしました。月に1回程度なので、中毒にはならないと思いますが(^^;
 お酒も少量なら、百薬の長ですものね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

お仕事!!

 ひょっとしたら、4月から、お仕事ができるかもしれません。

 とても、嬉しい事♪

 遅くも、5月から、の予定です。

 でも、まだ、詳しい事は、はっきりしていません。

 住民税納められるほどの収入にはならないと思うけど、何はともあれ、ウキウキheart04です。

 また、詳しい事が決まったら、ご報告しますcat

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

あたたかい目で見てください。

 春ですね。今日は、かなりぬくぬくです。

 さて、この間の鳩が、2羽で近所にいるのを見つけたので、豆を撒いておいてみました。
 そうしたら、2羽でなかよく♪遊びに来ました。

 この間は、ふられちゃったように見えたけど、仲良しになれたんだね~。よかったね~。
 ・・・春の日の、なごやかな風景です。

 

 一緒に、毛づくろい♪

 わぁ~、鳩って毛づくろいすると、こんなに丸くなるんだぁ。
 鳥が丸くなる時って、寒いときだけかと思ってました。




 母と一緒に、「へぇ~、おもしろいね~」と談笑、次の瞬間・・・。

























 え!うそ!?





















・・・・・coldsweats02・・・・・

 あらららら・・・・。




 そして、

左の鳩(雄):「疲れちゃった・・・」



 唖然。

 何度か、ピントが合わず、撮影に失敗したのに、これだけの写真を取らせてくれました。
 すごいな。鳩の鈍感力。

 生きてる、自然科学の教材です。


 何はともあれ、おめでとうfuji
 ふたりは晴れて、ご夫婦です♪
 末永く、仲良くね♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

肉食ってすごい

 今日は雨にもかかわらず、鳩がお友達を連れてきました。

 「いい餌場、知ってるんだぜ~」と、きっと自慢げに連れて来たんだろうな、と勝手に思っています。
 どうも、異性のお友達のようなんですが、餌場に連れてきて、ちょっと変わった動き(踊ってるみたいな)をして片方の鳩が近づいていったら、もう片方は逃げていきました。

 振られちゃったみたいです。  めげるな!!鳩!!



 それから、お墓参りも行って来たのですが、お墓は少し山手の方にあるんです。
 そうしたら、わさ~ぁ!!っと大きな鳥が頭上の枝に止まりました。

 トンビにしては、色が白っぽい。・・・白っぽいトンビもいるのかな?
 でも、確実にの類です。猛禽類です。

 カメラを持ち合わせていなくて、とても残念weep

 やっぱりうちに来る植物を好む鳥とは迫力が違いますね~。
 目もくちばしも、羽も、脚も・・・。
 多分アナグマとか、ハクビシンとかを獲って食べてるんだと思います。
 きっと、ガッツガッツ食べてるんだと思います。

 やっぱり、憂も肉食べないと、力が出ないのかな・・・?
 お寺の和尚さんに、「あんた、年の割りに勢い無いね」って言われました。図星なだけにぐっさり来るものがあります。

 最近の主食・・・お皿 いっぱい のブロッコリー・・・な憂でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

母、また熱く語る。

 昨日、小島よしおさんが服を着てテレビに出ていたところ、母が異様な食いつきを見せました。

 今日は、母のコメントを一括して載せます。


☆ 今まで、裸で出てきてたから、顔はまともに見たことが無かった。
☆ あのままでいいと思っているなら、まさに『裸の王様』だ。
☆ 服を着ていれば、結構『イケメン』だ。
☆ 『ゲッツ!』の人より絶対『イケメン』だ。
☆ 今時、「おっぱっぴー」だけの一発芸じゃ、食っていけない。
☆ 今まで、ネタと言えば「おっぱっぴー」しか記憶に無いが、何か他に面白い事を言っていた事があるのか?
☆ 頭もいいんだから、あれで(母の大好きな)サスペンスドラマに刑事役で出れば、ファンになってやってもいい。結構俳優でもいけると思う。


 ・・・他にもいろいろ言っていたけど、憂の記憶が追いつきませんでした。

 でも、総合してみると、多分母は小島よしおさんの将来にかなり、期待しているんでしょうね。そして、服を着て、活躍してくれる事を、願っているようです。

 発言はかなり、上から目線でSっぽいですけど、多分小島よしおさんのことが、好きです。そうでなければ、あれだけの食いつき方はありませんよ。
 だって、普段から、「あの人、ほら、誰だっけ???」って言ってる人だもの。

 お母さん、お願い、叶うといいねclover

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月18日 (火)

ヤマガラ

 先日、憂が書いた記事の中で、『ヤマガラ』と紹介した、鳥は、実は、『ジョウビタキ』という鳥であることが分かりました。

すみませ~んsweat01

 それで、教えてくださったでつさんが本物の『ヤマガラ』の写真を見せてくれたので、ご紹介します。Photo

 うん、なるほど♪

 よいこの皆さん、コチラが本物です。
 憂も覚えましたwink ひとつ おりこう になれて、よかった。

 あ、うちに来ていた小鳥が『ヤマガラ』だと、憂に教えたお父さんにも、訂正しとかなきゃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

鳥の世界も大変です。

 寝ちゃいけない・・・、って思うと、余計に眠くなる気がします。昨日も、今日も、約束を破ってしまいましたweep。 三日坊主にさえなりません・・・。なぜ、夜、このくらい眠くならないのかしら。


 さて、暖かくなってくると、動物たちも活動が活発になってきます。

 メジロヒヨドリは、昨年同様、よく遊びに来ています。

 そして、今年からの新しい仲間。
 キジバト(多分)です。

 公園や、駅とかにいるドバトと違って、群れをなさず、一羽で遊びに来ます。警戒心が乏しくて、他の鳥が来ても、お構いなしだし、人間にも近づいてきます。

 それから、こちらはジョウビタキ

  花についたアブラムシとかを食べているようです。ときどき間違えて(?)花びらを食べて、吐き出しています。
 尾羽をピコピコ動かして、しぐさがかわいいです。


 他にも、スズメやカラスも来ます。


 で、ミカンや豆を庭に設置しているのですが、鳥同士の勢力争いがなかなか見ごたえがあります。

 一番 遠慮しているのが、メジロ
 つがいで来る子たちと、独りで来る子がいます。いろんな木の陰に隠れながら、大きい鳥に見付からないように、エサに近づきます。
 ある つがい は、1羽が食べている間に、もう1羽は見張りをしてます。
 ある つがい は、1羽が食べている隣で一緒に食べようとするもう1羽に「おまえはまだ食うな」と言うかのように首根っこをつついてます。(亭主関白orかかあ天下)

 ヒヨドリもつがいで来る子と独り者があります。
 つがいは、狙ったエサを他の鳥が食べようとすると、「キーーーーー!!」と鳴いたり、追い掛けたりして追い払います
 独り者のヒヨドリは、世間ずれしてしまったのか、かなり 意地 が悪いです
だって、自分はおなかいっぱい食べて、もう食べないくせに、他の鳥が来るとすぐ、威嚇するから。・・・性格悪いから仲間はずれになったんじゃないの・・・母のコメントです。

 このヒヨドリがいくら脅しを掛けても動じないのが、キジバト。まるで、脅しがいがありません。だから、キジバトが来ると、ヒヨドリは逃げます。

 でも、不思議な事に、メジロキジバトが近くにいても全然警戒しないんです。メジロには「キジバトは結構いいやつ」というのが分かっている模様。あんなに大きいのに、怖くないんですねぇ。
 ヒヨドリのみが、キジバトを怖がってます。

 スズメは最近『群れ』から『つがい』になりました。これって、春の訪れのサイン。スズメの恋の季節が来たってことです。

 いろんな鳥がエサを巡って知恵を絞っている姿を見て、『自分も周りも幸せになる』って、難しいよな、でも、そうなりたいな、と思う憂でした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

お昼寝制限

 相変わらず、毎日毎日丑三つ時に目が覚めて、動悸がバクバクheart02して、一晩に3回眠剤を飲んでいる憂です。

 今日は、通院日。
 こんなお天気ですから、空いているかな~と思って行ったのですが、憂と同じことを考えていた人がいっぱいいたようで・・・、結局いつもより込んでいましたsad

 夜あまり眠れない事を相談したら、少し、お薬を強くしてくださいました。

 そして、「お昼寝は15時までの間に、長くても30分間」というお昼寝制限をされました。

 憂は、もう身体を起こしていられないほど疲れを感じて、お昼寝体勢に入るのですが、それでも、寝付くまでに『30~60分』かかってしまいます。この分は、『お昼寝』の内に入るのでしょうか・・・。

 明日から、ちょっとがんばってみようかな、と思っています。規則正しい生活。

 昼起きて、夜寝る。当たり前のことのようだけど、すごく難しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月13日 (木)

これは、事件です!

 すごく、ローカルな事なんですが、とても、ビックリしました。

 憂の住まいは、静岡県○○市●●。。。なんですけれど、この●●という地域内に、初めての『信号機』が設置されました!!
 いままで、一つも無かったんです。信号機。

 うわ~、なんだか、一気に都会化した気がします。

でも、残念なのが、信号機なのに、3色並んでないんですよね~。じゃないのです。
交差点の中央に四方に向かって1個ずつ付いている信号機。のチカチカ(点滅)と、のチカチカ。・・・ビミョウです。

 それでも、初めての信号機。なんだか、賑やかになりそうです。電気が点いてるだけで、ぐんと明るくなりそうです。

 そういえば、お店も無いんですよ~。大根とか白菜を無人で売ってくれる、備え付けの箱に100円入れると、そこにある野菜を一個お求めできる、そういうお店(?)はあります。

 都会の並にさらわれて、世間ずれしないように、気をつけます・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

意味はないけど

 実は、競争してました。意味はないけど、こちらのブログと、別荘と、総アクセス数の競争です。

こちらの方が、圧倒的に更新率高いんですけど、最近になって、別荘の方が、なぜかぐんぐん追い上げて、ついに抜かれてしまいました。

 アクセス解析を見比べると、面白い事が分かります。

 こちら・・・一見さんが多い。鬱やメンタルな面での検索から、訪れてくれる人が多い。
 
別荘・・・・ブックマークして、何度も訪れてくれる人が多い。検索サイトから飛んでくる人が少ない。

 どちらがいいとか、悪いとかじゃなくて、正直、どっちも嬉しいです。
 こちらのブログは、「鬱ってこういうものなんだよ」って、何となくでも、いろんな人に伝わったらいいな、と思って書きはじめた物です。
 別荘の方は、「面白いな。また見たいな」と思ってくれたらこんなに嬉しい事はありません。

 あと、こちらのブログは、凹んだ自分を元に戻す場であったりします。人間の弱い所、醜い所もいろいろあって、それでも、生きる事を諦めずに歩いていきたいから。

それに対して、別荘の方は、元気な自分のアピールの場であったりします。自分自身の励みになり、前へ前へ進んでいくための推進力になります。

 例えて言うなら、『こちら=月』 『別荘=太陽』 かな。

 今、『太陽』の方が、優位になっている、憂にとって、『元気な方』に傾いている、そういう時期なんだな、って改めて思いました。

 人間、生きていれば、ずーっと昼間、ってわけには行かないもので、長ーい夜もあります。
どっちのブログも憂には、とっても大事。

 これからも、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月11日 (火)

Sぢゃないですって。

 世間では、『ロス疑惑』の話題が連日ニュースなどで、流れていますが、憂の周りには、『エス疑惑』なる物が流れています。

でも、憂は、基本的には、  だと思うのですよ。(威張って言うほどのことではありませんが・・・)

 特に、乳児と犬の前では・・・。

 先日、お友達のところに遊びに行った時のこと。5ヶ月の赤ちゃんがいます。人見知りの盛りで、最近はよその人が来るたびに泣かれて、お母さんはお客さんに申し訳ない、と言っていました。
 憂も初め顔を見ると「ふぇ・・・」と泣かれそうになりました。けれど、『いないいないばぁ』をしたら、どうもツボにはまったらしく、「あぅ!!」(もっとやれ!!)と命令される始末。疲れて止めようとすると、泣きます。
 そこで、「ごめんごめんsweat01」とまた、『いないいないばぁ』の連チャン。
 お母さんに抱っこされていると、憂の方に手を伸ばし、身を乗り出してきます。姿勢も苦しそうです。「そなたが わらわを 抱っこせよと姫様がおっしゃってる・・・感じです。 
  そこで、憂が抱っこすると、あれ?お母さんの方見ないの?
 憂の着ているニットが気になるのか、それとも顔が面白いのか、憂の身体を触りまくりです。目をまん丸にして見てますし。
 「苦しゅうない。そなた、もっと面白い事をして見せよ」と言わんばかりに「あぁ!」「うぅあ!」
 結局赤ちゃん相手に、漫談・歌・手遊びのオンパレードでした。

 お友達からは、後からメールで、「こないだ愚痴ばっかりこぼしてゴメンね」と言われたけど、憂には、姫様に遊んでいただいた記憶しかありません。・・・ごめんなさい。



 このちょっと前に『サボテン帽』を作った坊やにも、尽くしまくりでしたよ。
 「お主、余を抱っこして、立ち上がるのじゃ」
 「少し、のどが渇いたのう。麦茶を持て」
 「机の上にあるおもちゃを取りたいが、手が届かぬ!お主取って参れ」

 殿が伝い歩く先々の危ない物を予測しながら排除。
 この殿は10ヶ月なので、なん語が少し高度です。「んま!」「ぶるるるる・・・」とか。
 それでも、何をして欲しいのか大体分かります。

 犬についても、同じです。


 そして、使いっぱしりにされるのが、楽しくて仕方ないのですよ


 憂は相手の喜ぶ顔が見たいのです。ただ、それだけ。もしも、憂が誰かをいぢめてるように見えることがあったら、それは、相手の方が、『いぢめて欲しいよう』と心の中で思ってるからだと思います。

言い訳がましい???

 確かに。・・・あんまりやりすぎると、加減を忘れて取り返しの付かない事になってしまうといけないので、ぼちぼちにしておこうと思います。

 でも、ゆめゆめ油断成されますな・・・。天災は、忘れた頃にやってくると申しますのでdanger

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月10日 (月)

ぶぅさんのイメージ画


 先日、このブログによくコメントを下さるぶぅさんが、憂のイメージ画を描いて下さいました。
 『ハチクロ』のはぐちゃんのイメージということで、まぁ、なんとかわいらしい・・・。

 と思っていたのもつかの間、憂の新たな一面がばれてしまい、今度は、にしおかすみこさんに変身していました。

 みなさん、人間というのは、『矛盾』の生き物です

 気が小さい面もあるかと思えば、大胆な一面もある。
 ある場面では几帳面なのに、他の場面では大雑把になる。
 人に頼られると元気が出るかと思えば、甘えたくもなる。
 もう一人にしてくれ!と思うこともあれば、「独りぼっちにしないで~」と思うこともある。

 そうです、そんな矛盾を誰しも抱えながら、それでも総合的に固有の秩序を保っていられる人間が、健康な心身の持ち主だと、憂は思います。

 なにが、言いたいかというと、憂のなかに『はぐちゃん』と『にしおかすみこさん』が同居していても、いいじゃないか、だって、人間だもの。・・・ということです。



 で、はい、こちらが、憂のイメージする『ぶぅさん』です。

 

 基本的なイメージは、『竹内結子さん』なのですが、ぶぅさんは「おめめぱっちり」で「まつげがふぁさふぁさ」(自己申告)ということでしたので、このような感じかなぁ、と憂は想像いたします。
 笑顔が眩しいshine
 そして、美形なおねえさんというビジュアルにすごく気さくな言葉遣い。
 人として、ステキな『矛盾』の芸術です。

 憂に対するイメージが変わりつつある方、それは、憂が健康体に近づいているという解釈で、お願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

結構うれしいんです

 シラスを食べる時、こんなシラスだと結構うれしいんです。

 ちっちゃい『イカ』とか、『タコ』とか『エビ』とかが混じっているシラス。

 今日はいっぱい入ってましたhappy02


 同じように、ちっちゃい『ミカンの赤ちゃん』を見つけたときもうれしい。
 アサリを食べてて、中からちっちゃい『カニ』が出てきたりすると、うれしい。

 ちっちゃい物はかわいいからね。

 もう少し暖かくなったら、憂の家の庭にも、また、ちっちゃい『トカゲ』や『ヘビ』が出没する事でしょう。・・・楽しみ楽しみheart01
 結構爬虫類平気の憂でした。(自分も変温動物だから?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 7日 (金)

調子がいいって事でしょうか?

 先日、すごい賭けに出ました。

 3月5日の事です。
 母がおばぁちゃんの家の掃除に行って、冷蔵庫から、卵を持ち帰ってきました。

 賞味期限は『2月8日』。


 割りました。punch
 においを嗅ぎました。pig
 目視で異常が無いか確かめました。eye

 卵焼きにして、食べました。restaurant










 おばぁちゃんは、同じ日に同じパックの卵を生で食べました。
 特に、体調に異常はなし。good

 憂も、2日経ちましたが、ちなみに昨日も食べましたが、胃腸の調子はすこぶるよし。up




 賞味期限って、なんなんでしょうねぇ・・・・・。

 やっぱり、賞味期限って、当てにならないものかもしれません。期限が過ぎても、平気な物もあるし、期限内だからというっても、危うい物もある。
人間が本能的に持ってる『これ、やばいな』っていう感覚、視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚をフルに使うこと、これを忘れちゃいけないんだな、と思いました。

 それから、いくら事前におばぁちゃんが生で御毒見をしたからって、自分の目や鼻や舌で確かめたからといって、『よく 食べたなぁ』と、あとから思いました。
 多分、それ位、不安の度合いが和らいでいるんでしょうね。
 「まぁ、いいか」って思える範囲が広くなってきたってことなのでしょうね。

 そういう意味では、調子はいいんだと思います。

 dangerあ、でも、よい子の皆さんは、真似して賞味期限の1ヶ月過ぎた卵は、生で食べないでくださいね。おばぁちゃんの内臓は、人の想像をはるかに超えた『ビックリ人間』並ですから・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月 5日 (水)

ご面倒、お掛けしました。

 ずっと行かなきゃ、行かなきゃ、と思っていて、なかなか行けなかった、『運転免許証の更新』。やっと、済ませられました。

 だって、これって、写真撮るでしょう。
 この先5年、なにかってっときに見られるものだから、いつものいい加減な顔じゃ撮られたくないのです。
 髪型も、化粧も、服装も、納得いくものにして出掛けるまでには、それなりの気構えと、準備時間と、やる気や意欲が必要となります。
 そして、こういうことに妥協ができない憂・・・。


 2ヶ月の猶予期間もあっという間に過ぎました。期限失効1週間前になると、また、お手紙くれるんですね。無駄遣いさせてますね、すみません。



 更新そのものは、一応ゴールドなので、ささっと終わるだろうと思っていました。


 のに、思わぬ落とし穴・・・。










 5年前には確かなかったような気がする申請書の裏のチェック項目。

 簡単に言うと、脳卒中や、低血糖、心臓発作による運転できない状態になる可能性があるかどうか、というチェックなのですが。

 失神・・・あるある。
 手足のしびれ、痙攣・・・小さいものならある。



 これが、よくなかったshock



 上記の病気には当てはまらないのだけれど、鬱と不安による『パニック発作』で起こってしまうわけです。

 おまわりさんに「詳しく聞かせていただけますか?」と奥のお部屋に呼ばれて、つい立の向こうでは、交通事故の事情聴取の声が聞こえてきて・・・。

 おまわりさんは「脳や心臓に病気があるわけじゃないんだよね」と確認し、「じゃぁ、その旨、一筆書いてください」とおっしゃいました。
 運転の途中で運転不可能な事態にはなりませんよ、という証明がほしいとのこと。

 おまわりさんのお話を聞いていると、ある意味『パニック発作』も運転には向いてないのかな・・・という不安が沸いてきました。

 でも、憂は、「絶対パニック発作が出ない」と確信できる時にしか、運転はしません(できません)。『パニック発作』って、「起こるんじゃないか・・・」と不安になり出すと、起こりやすいものなんです。
 だから、免許、ください・・・。

 低血糖様症状も出るけど、そういうときのために、いつも『キャンディー』持ち歩いてます。
 絶対事故起こさないように気をつけますから、免許ください。



 正直言って、このおまわりさんと個別にお話しているこの状況事態が、パニック発作を起こしそうな、ちょっと血の気が引いた感じでした。
 でも、ここで倒れたら、確実に免許もらえない。それは、田舎暮らしの憂にとっては、ほぼ軟禁状態になることを意味しています。
 それは、困る困る困る・・・。

 気をしっかり持て!憂!


 お医者さんにこの症状の事を話すのだって、うまく伝えるには難しいのに、おまわりさん相手では、もっと難しいです。血圧が下がったまま、上がらないとか、『鉄欠乏症の貧血』と『脳貧血』の違いとか、ましてや、不安や緊張が自律神経に作用して、息苦しさや酸欠や頻脈が起こるとか、素人には分かりづらいだろうし、かといって、どこまで話せばいいものか・・・。

 おまわりさんは、「こういうことはないよね」と憂の免許更新ができるように一生懸命。憂は憂で、「ここで答えを間違えたら、OUTになっちゃうのか・・・」とドキドキ。


 結果、運転免許証の更新はすることができたのですが、よほど、憂の見た目が心細そうに見えたのか、それとも血の気が引いた顔をしていたのか、おまわりさんは何度も「ごめんね」「あなたが悪いわけじゃないからね」「ここじゃ寂しいだろうから、みんなのいるところで待ってていいよ」とやさしく声を掛けてくださいました。

本当に、お手数かけました。


 こういうことがあった日は、やっぱり筋肉ガッチガチ。スイッチOFFが必要です。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 4日 (火)

お手数をかけます。

 警察から、お呼びが掛かってます。2ヶ月前にもお呼びが掛かって、ずっとほったらかしてました。
 面倒だから?いや、いくこと自体が、というより、いろいろ、出向くまでに心の整理をするのが、面倒なんです。
 でも、先日、「1週間以内に来ないと、大変なことになりますよ」と、また、通知が来ました。もう、覚悟を決めました。
 出頭します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

こういう者です

 今年、本格的に創作活動を進めていくには、『名刺』とかも、必要だよな~、とぼんやり考えていたのですが、そんな折、このようなものを見つけました。


 名刺メーカー


 『脳内メーカー』の兄弟みたいな物です。

 よ~し、作ってください!憂の名刺!


 できたheart01

Meishi


 


 半透明?
 奇?


 なんか、分かる気もします・・・。

 よく、家族にも「なんだ、いたのか」って、言われます。


 渡す時には、「見えにくくて、すみませ~ん」と一言添えた方がいいかな?

 ちなみに、本名の方は、『たて笛セラピスト』でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

マスクの使用法、これで合ってます?

 この間、風邪をひいて、気弱になったので、もう風邪をひきたくない、と強く思う憂。
 出かけるときと、寝るときは、マスクが手放せなくなりました。
 乾燥注意報も出てるしね。粘膜弱いしね。

 それで、どこかでもらってきたマスクを着用してみました。多分、よくあるタイプだと思うのですが、見たことありますよね。


 特長として、こんな風にうたってます。

 ① 3層の不織布構造で、花粉・ハウスダストなどのミクロ粒子をシャットアウト!
 ② ノーズワイヤー入りで隙間を作らず、顔にぴったりフィット。
 ③ ワイドな立体3段プリーツ式で息苦しさを解消!
    呼吸もラクラク。




 なるほどぉflair

 使用方法にのっとって、着用してみました。



 わ~い、これなら、目・鼻・のど全部まとめて保護できる~。花粉の季節もへっちゃら~。




 ・・・そんなわけないでしょおpout

 ノーズワイヤーを鼻の形に合わせても、下の方をあごに引っ掛けても、しゃべったり、瞬きしたりするうちに目までマスクが押し寄せてきます。目に入ると、若干痛いです。


 いやいや、マスクが悪いのではありません。

 憂の身体が、『規格外』なんです。

 身体も小さきゃ、気も小さい。おまけに脳みそも、人としての器も・・・。
 まぁ、世の中、いろんな物が『軽量コンパクト化』の時代ですし。これは、多分、人間の進化の過程です。将来介護師さんに寝返り打たせてもらう時には、きっと楽をさせてあげられる・・・、そう思うことで、気を持ち直すことにします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »