« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月27日 (日)

おかしいよ

 ご無沙汰しております。

 とりあえず、元気です。

 元気なので、やりたいことが多く、ブログの更新が淘汰されていました。

 メンタルな面でも、これといって不都合はなく、心穏やかに過ごしております。


 
 さて、昨日は友人と夜、外食に出かけました。

 食欲旺盛にて、モリモリ食べてしまいました。

 珍しく揚げ物とかも。

 で、お腹いっぱい。

 実は、今朝、胃腸薬のお世話になりました。

 でも、なぜか、体重減ってる・・・。

 いっぱい食べたんだから、増えるでしょう、普通。

 揚げ物の消化不良のせいかな。

 胆汁があんまり出てないのかもしれない。

 そういえば、今年の定期健診、まだ行ってないです。胆のう筋線症が進んでいなければいいのですが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

カウンセリング8/26

 随分と日が経ってしまったけれど、頭の中に残る会話をしたので・・・。

 今回のカウンセリングは、特に自分自身に大きな気持ちの乱れがなかったから、世間話みたいな感じで終わろうとした、30分。
先生が、「あ、そういえば、地震、大丈夫でした?その後眠れないとか、不安が強くなったりとか、ありませんでしたか?」と。

 私が、「地震自体はビックリはしたけど、そんなに、怖いって思わなかった」「次の日もいつもと変わりなく眠れた」と返すと、とても、不思議な様子。


 先生の身の回りの人たちに同じことを聞いてみたところ、メンタル面で支障がある人の方が、今回の地震に対して、あまり不安に感じていないようだ、と先生は思ったんですって。

 「なんででしょうね~?」と聞く先生。

 私は、「普段最悪の状況を想定する思考癖があるから、案外平気なのかな・・・」と答えました。



 でも、その後、自分で出した答えが、イマイチ的に当たってないような、違和感が・・・。

 普段の生活の中で、地震以外にも、いや、地震よりも危機感の薄いような突発的な出来事にオロオロすること、ありますよ。
 近所の怒鳴り声とか、ゴキブリや蜘蛛(←これが私の一番の恐怖)との遭遇とか。
 でも、地震はそんなに怖くない。


 で、ちょっと考えたら、 「あ、そうか」って、分かったんです。
 なぜ、私はそんなに怖く感じなかったのか。





 シンプルに言えば、『生きる事への執着が弱い』から。



 想定される東海地震はこの間の地震の100倍のエネルギーだそうで、死ぬ確率、無いとは言い切れません。それに、自宅、地盤が悪い所ですし。


 少し前に比べたら、「生きたい」って思う気持ちは強くなったけど、「死にたくない」とは、未だ思えず。

 だから、直接命にかかわるような出来事に襲われても、「その時が来たんだな」っていう感じです。
 できれば、一瞬にして、連れ去って欲しい。


 生きながら苦しい、という状況が一番ニガテなのですよね。いや、誰でも、それは辛いか。
 でも、誰もが、辛いながらも、小さな希望をもって明日を楽しみにしている。または、「希望をもとうよ!!」と思える心のエネルギーが底を尽かない。


 うつや不安を抱えて、カウンセリングに訪れる人たちは、「まだ、死にたくないよぉ!!」って、足掻けない人が多いのかも知れないな・・・。







 おまけ

 先生に、この話を振られたとき、「そういえば・・・」とふと思い立ったように尋ねられたのですが、本当は、私の生死への観念を確かめようという、今回のメインの質問だったのかも・・・、なんて、これは考えすぎでしょうか(苦笑)。
 眠剤の過剰摂取から、ちょうど1年のカウンセリングでした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »