« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月16日 (火)

セロトニン

 私は、多分、もともとセロトニンが少ないんだろうな。もしくは、慢性的ストレスっていうか、子供の頃から考えすぎてるから、セロトニンが少なくなっちゃったんだろうな。

 セロトニンが少ないと、いろいろ、困ったことが起きるようです。
 便秘しやすくなったり、眠りが浅くなったり、低体温になったり、姿勢のよさを保てなくなったり・・・。

 なにより、気になる症状が、『快楽行為から抜け出せなくなる』ってこと。

 いわゆる中毒・・・。その対象は、アルコールだったり、ギャンブルだったり、お買い物だったりっていうのが一般的でしょうか。

 でもこれって、周りの人が、「良くないよ」って止めてくれることですよね。


 私の場合の『快楽行為』は、人の笑顔を見ること。褒めてもらうこと。


 たいがい、誰も止めてくれない。
 ↓
 やり過ぎる。
 ↓
 身体や心の限界を超えてしまう。
 ↓
 コワレル

 こういうサイクルができてしまってたみたい。

 だから、たまにどっぷり浸かるのは良いにしても、『快楽行為にハマってる』と感じた時点で、ちょっと他の事に目を向けるように、最近は心がけてます。


 快楽行為は、基本的に楽しいから、疲れを感じないのですよ。本当は疲れてるのに、脳内で、『疲れ』がマスキングされてしまうらしいです。

 辛いな、しんどいな、って感じるときには、自然とブレーキを掛けられる。


 うつ病 になる人には、2パターンがあると思うのです。

 1)辛い、しんどいと感じても、それを続けなくてはならず、心や身体が壊れてしまう。
 2)楽しくて仕方ないことにハマっていたら、突然、「あれ?もう無理」って壊れてしまう。




 私は2)の方です。
 職場の同僚も、すごく仕事が楽しそうに見えてたらしいです。だから、どんどん仕事を回してくれ(苦笑)、本人が「なんか、おかしい」って思ったときには、既に・・・。


 昨年の今頃までは、編み物に対してもこういうランニング・ハイならぬ『ニッティング・ハイ』なとこがあって、がんがん編んだあとに抜け殻みたいになった事がありました。


 だから、興味関心を分散させた方がいいのかな、と思い、バイトを始めて、人脈や行動範囲も広げてみたのですが、どうやら功を奏したようです。

 この冬は、いつになく元気な冬。精神的息切れも感じません。
 この調子でいければ、また新たなステップを踏み出せるように思います。

| | コメント (8) | トラックバック (2)

2010年2月 7日 (日)

小さな心

 ずいぶん前から分かってはいた事なんだけど、

私の心は、人並み以上にキャパが小さくて、

一つの事に夢中になると、

そのことで心が大洪水になってしまう。



 いわゆる、『マイブーム』であり、

『ハマっている』状態であり。


 だから、ただ今、おざなりにしてしまっている皆さんには

非常に申し訳なく思っております。








 けれども、ただ今、私は幸せです。

 キャパが小さいから、優先順位を付けないと壊れてしまうから。
 いろいろ言い訳しちゃうけど。


 話を聞いてても、上の空だったり。

 集中力が足りなかったり。

 もう少しの間、おおめに見て欲しいのです。

 ごめんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »