« 小さな心 | トップページ | 踏ん張れ、自分 »

2010年2月16日 (火)

セロトニン

 私は、多分、もともとセロトニンが少ないんだろうな。もしくは、慢性的ストレスっていうか、子供の頃から考えすぎてるから、セロトニンが少なくなっちゃったんだろうな。

 セロトニンが少ないと、いろいろ、困ったことが起きるようです。
 便秘しやすくなったり、眠りが浅くなったり、低体温になったり、姿勢のよさを保てなくなったり・・・。

 なにより、気になる症状が、『快楽行為から抜け出せなくなる』ってこと。

 いわゆる中毒・・・。その対象は、アルコールだったり、ギャンブルだったり、お買い物だったりっていうのが一般的でしょうか。

 でもこれって、周りの人が、「良くないよ」って止めてくれることですよね。


 私の場合の『快楽行為』は、人の笑顔を見ること。褒めてもらうこと。


 たいがい、誰も止めてくれない。
 ↓
 やり過ぎる。
 ↓
 身体や心の限界を超えてしまう。
 ↓
 コワレル

 こういうサイクルができてしまってたみたい。

 だから、たまにどっぷり浸かるのは良いにしても、『快楽行為にハマってる』と感じた時点で、ちょっと他の事に目を向けるように、最近は心がけてます。


 快楽行為は、基本的に楽しいから、疲れを感じないのですよ。本当は疲れてるのに、脳内で、『疲れ』がマスキングされてしまうらしいです。

 辛いな、しんどいな、って感じるときには、自然とブレーキを掛けられる。


 うつ病 になる人には、2パターンがあると思うのです。

 1)辛い、しんどいと感じても、それを続けなくてはならず、心や身体が壊れてしまう。
 2)楽しくて仕方ないことにハマっていたら、突然、「あれ?もう無理」って壊れてしまう。




 私は2)の方です。
 職場の同僚も、すごく仕事が楽しそうに見えてたらしいです。だから、どんどん仕事を回してくれ(苦笑)、本人が「なんか、おかしい」って思ったときには、既に・・・。


 昨年の今頃までは、編み物に対してもこういうランニング・ハイならぬ『ニッティング・ハイ』なとこがあって、がんがん編んだあとに抜け殻みたいになった事がありました。


 だから、興味関心を分散させた方がいいのかな、と思い、バイトを始めて、人脈や行動範囲も広げてみたのですが、どうやら功を奏したようです。

 この冬は、いつになく元気な冬。精神的息切れも感じません。
 この調子でいければ、また新たなステップを踏み出せるように思います。

|

« 小さな心 | トップページ | 踏ん張れ、自分 »

『うつ』脱出法」カテゴリの記事

コメント

私は
>1)辛い、しんどいと感じても、それを続けなくてはならず、心や身体が壊れてしまう。
かな…
仕事の内容は我慢できます。どんな仕事でも。
でも人間関係に疲れてしまって…
嫌なこと嫌っていえなくて、人に見せる本音の感情が「怒りの爆発」ばかりになってしまっていたからなんですよねぇ
 
でも、私のざまざまな問題の元になっていた「家族との関係」
最近はいいカンジになってきてます。
こうなるまでには、すごく時間が掛かりました。
問題に自分が気がついて、少しづつ気持ちを口に出して、
私の変化に家族が傷ついて、
家族の言葉に私が傷ついて、だんだん傷つかなくなって、
私が家族に執着しなくなっても、愛されてるんだってことに気がついて、
家族も私の変化についてきてくれるようになって…
厳密には2年くらい掛かったでしょうか?
一番苦しかったのは去年の10月です。
自分が変わると周りも変わるんですよねぇ…
 
憂さんが、私の言葉で勇気づけられたって言ってくれたこと、すごく力になってます。
自分がやりたいことの幅も広がりました。
人間は死ぬまで変化しつづけるんだ、成長しつづけるんだって事を実感してきてます。
たとえ、人より成長が遅くても…
「自分育て」もマイペース♪
 
私も人の笑顔、褒められること好物です(笑)
でも「自分を大切にしない」と悲しむ人もいるから、とりあえず心と体の健康が基本ですよね?(^▽^*)

投稿: はなえ | 2010年2月16日 (火) 20時22分

 私はやっぱり、両親との関係は、なかなか進展せず、はなえさんはすごいなって思います。
 家族以外の人といる方が、楽チンで、自分の好きな自分でいられる、なんて、『へんてこりん』ですよね。
 過去は変えられないけど、未来は変えられる、でも、家族との過去は大きすぎて・・・。でも、お互い、大切な存在には変わりないんですよ。もちろん。
 私も、ちょっとずつ、自分育て、していきます(^^)
>「自分を大切にしない」と悲しむ人もいるから、とりあえず心と体の健康が基本ですよね?(^▽^*)
・・・そうそう♪自分を大切にする事も、私の仕事です。

投稿: はなえさんへ | 2010年2月17日 (水) 15時30分

2回目失礼しますm(__)m
>『へんてこりん』
分かります。私も家族のこと大好きなのに、なんかリラックスできないなぁ、疲れるなぁって時期がありました。
2年くらい前かな?たぶん、本当の自分を出す楽しさを知ってしまった時期でしょうね。
色んなことに気がついてしまったら、暗いところに戻れない、我慢できないんですよ。
前も言ったけど、「大好き」だから苦しいんですよね…
本当は自分の気持ち「丸ごと」分かってほしいんですよね…
「本当は"どんなお前"でも愛してるよ」って抱きしめてほしいんですよ。
でも、私は自分の胸が家族の言葉に傷つかなくなる「自立心」を先に育てようと思います。
自分が傷つかなければ、「人を傷つける言葉」で応戦しなくて済みますから。
もちろん、無理はしません。
…そうは言ってもキレるときもあるかもしれません(笑)
でも、キレても大丈夫な自信が今はあります。
本当の意味では見捨てられないんだ、愛されてるんだって思ってますから。
 
「自分育て」をマイペースでしていこうって思えたのは、みなさんとのやりとりのおかげですよ。
私は子供っぽいです。
でも、そんな私だからこそ、今の私だからこそ、出来る作品・表現があるんです。
そしてそれで力を得てくれてる人がいるんです。
 
竹輪教★、専門家の先生にファイル+すげかえ竹輪本を渡しました。
「素晴らしい作品をありがとうございます。」とお礼を言われました。
さて、数年後に竹輪教、日本中に浸透するかもしれません(笑)
私は、コミカライズをライフワークにしようかしら?
別の人の手で広まっちゃったら、「始祖は般若さんだよ!」と声を高らかに宣伝お願いします(笑)

投稿: はなえ | 2010年2月17日 (水) 16時40分

 私は逆に、もっと家族の前でキレた方がいいのかも(^^;この間のように、雨降って地固まるって事ありますから。
 会話の半分以上を無視する父と、決して我が子を褒めない母、実にめんどくさい。のに、大切な人。やはり、離れて暮らした方が優しくなれる気がする。

>別の人の手で広まっちゃったら、「始祖は般若さんだよ!」と声を高らかに宣伝お願いします(笑)
・・・もちろん★これが当たり前な世の中になったら、本当に自殺者もうつ病患者も減り、少子化に歯止めが掛かると思います。

投稿: はなえさんへ | 2010年2月18日 (木) 19時05分

3回目失礼しますm(__)m
うんうん。キレるといいのだ♪(´∀`*)
変化には苦しさも伴うけど、ちょっとずついい方向にいきますよ^^
 
>やはり、離れて暮らした方が優しくなれる気がする。
私も自分に関してもそう思います。
とにかく家族全体の私への依存度が酷いので、義理の兄なんて
「はな は遠くに嫁にいった方がいいよ(爆)」とか言っちゃってます(笑)
 
>新興宗教★竹輪教
何らかの形で広まるといいなぁ…
あせらずに考えて見ます♪
実際あの本のレビューには「表紙のデザインを変えた方がいい」っていう意見もあるんですよねぇ(笑)
でも、私は自分もお金儲けしたいので(←爆)広める時はなんらかの形で自分もかかわりたいですわ(◎´∀`)ノ
やっぱり、知的抽象ギャグかしら?「電車でもどうどう読める竹輪本」
きっといつか降臨するはず…笑いの神が…(ΦωΦ)ぐふっ

投稿: はなえ | 2010年2月18日 (木) 21時29分

うん、表紙さえ違えば、もっと買いやすい(爆)
>きっといつか降臨するはず…笑いの神が…(ΦωΦ)ぐふっ
・・・、楽しみにしてますよ…(ΦωΦ)ふふふ

投稿: はなえさんへ | 2010年2月19日 (金) 19時19分

私は1)の方だな・・・。

2)の経験はないと思います。

投稿: む♪ | 2010年3月 4日 (木) 01時00分

 私は『どうせやるなら楽しくなくっちゃ損』っていう考え方が染み付いちゃってるみたいです
 辛い事、苦しい事を「辛い」「苦しい」って言える事は、当たり前だけどとても大切な事なんだなって。
 

投稿: む♪ちゃんへ | 2010年3月 5日 (金) 18時36分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セロトニン:

» 太陽光を浴びると、うつ病やパニック障害治療に適したセロトニン分泌促進効果があると言われますが、どのくらい効くのかわからないです。 [うつ病ブログ(メンタルヘルスの広場)]
冬至から約1カ月半、経ちました。 少しは陽も高くなっているようです。 陽光が窓か [続きを読む]

受信: 2010年2月16日 (火) 19時26分

» ストレス症状の情報サイト [ストレス症状の情報サイト]
ストレス症状についての情報を集めました。 [続きを読む]

受信: 2010年2月27日 (土) 12時38分

« 小さな心 | トップページ | 踏ん張れ、自分 »