« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月25日 (水)

眠い

最近、とても眠いです。
特に、朝。

1ヶ月前まで6時半に起きることができたのに、今は、7時も危ういですsweat02

寝入る時間を早めても、やっぱり眠いです。
でも、夜は、結構さっぱりした気分でいるのですよ。


この感じ、嫌だなって思います。

やっぱり、朝は一番いい気分でありたい。



多分、頭を使いすぎてる。
もうちょっと、身体を動かして、頭は空っぽにした方がいい。

しばらく、頭を休めます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月18日 (水)

あ、そうか

根本的に、私は何を求めているんだろう。

何かを得ても、何となく満たされないのはなぜだろう。

自分の中に、確固たる『自分』がいないのは、なぜだろう。

褒められても、うれしい時と、うれしくない時があるのはなぜだろう。

いろんな疑問・不安・不満を突き詰めていくと、こういうことになる。
(現時点で)


「私は、あなたとは違う人間だ」ということを、証明したい。


どんなに好きな相手でも、あなたと私は、個別の人間で、

あなたの思ったとおりの行動ばかりはできないし、

あなたの喜ぶ事ばかりもできない。

「わたしの期待通りだ♪」って褒められると、無性に否定したくなる。

嫌いな相手の真逆を生きようとする。

ホントはこうしたいのに、嫌いなあの人もやっているから、しないとか。


「私とあなたは、個別の存在だ」ということを証明したい。

「君がいなくちゃだめなんだ」なんて言われると、逃げ出したくなる。
支配される事も、吸収される事も、怖くて仕方がない。

だけど、一人じゃ、めちゃくちゃ寂しい。








私の真ん中に、私がいないのは、アイデンティティーが出来上がってないから。
周りの人と、自分の『差』を探すことに躍起になっているから、
まだ、ちゃんとした『自分像』ができていない。

ある意味、他人と自分を比べることで、自分の存在を証明しようとしている。
そんなことをしていても、疲れるばかりで、本当にほしい答えは見付からないのに。


じゃぁ、どうしたら、唯一無二の、『自分像』に出会えるんだろう。


私に優しくしてくれる人たちのなかには、
「あなたは素晴らしいものをもっている。期待してるよ」
「~してくれるから大好き。これからもずーっと~してね」
のような、上から目線、下から目線の人がいるけれど、
どちらも、『頼る=自分の思い通りになってほしい』という気持ちが見える。
・・・それが、しんどい。

私が居心地のいい相手は、
私のいろいろな側面を分かっていて、同じ事でも、できる時とできない時があることも分かってくれていて、その都度、できることをシェアしていこう、っていう感じで、私を見てくれる人。
少数だけど、そう接してくれる人がいるから、なんとか、今私は社会の一員として生きていけている。

決め付けられるが嫌で、
「あなたはこういうタイプです」って分かったつもりになられると、しんどくて、
自分の中でも、「なんか偏ってるな」って思うと、それを修正しようと、
真逆のことをやってみたくなって、
それが、他人から見たら、「この前はできてたのに、今日はできないって???」って思われたり、
なんかつかみ所のない人だ、と思われたり、しているみたい。

どんな人でも、気分は固定してるわけじゃなくて、揺らいでいるのだけれど、私は、他の人よりも、その揺らぎが大きいのかな。
時には、浅い部分の価値観まで変わってしまうほどの揺らぎは、周りの人を振り回してしまうんだろうな。







| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

捨てたい

今年のGWは、五月病Warningです。

4月、いろいろ張り切りすぎたのかな。

なんだか、燃え尽きちゃってる感が否めない。

いつになく本を読みあさり、いろんなことを考えて、実行して、

けれど、少し頭でっかちになったような、

考えすぎて、本末転倒になってるような、

そして、自分が自分でないような、

等身大の私を見失って、無茶をしたような、

そんな感じがしています。

自分のそばにいる人の、自分への対応を見て、

「やりすぎている自分」に気が付く。

気が付くようになっただけでも、前より成長したのかも知れないけど。

なんだか、捨てたい気持ちです、

思い込み
小手先の知識
理性
かくあるべき主義
根拠の無い自信



私はちっぽけで、できる事は少ない。
けれど、自分が自分であることを信じたい。
小さいながらに自分の世界を愛して
ゆとりをもって生きたい。
誰かが言ってたな。
過去も、未来も、本当に存在するのかなんて実感できない。
ただ今、現在という瞬間は、確かに存在している。


自分の心の声を聞いてみよう。
何が欲しいのか。
考えに考え抜いて行動することも、
時には必要かも知れないけど、

それは、「ここぞ」って時で、
普段の生活は、反射的に感じて行動する事の積み重ね。

反射的にでた言葉や行動が、本当の私なんだろうな。
たとえ、その言動で誰かを傷つけてしまっても。
それでも、その傷は、また私の反射的な言動で、
修復できるってことを、信じたい。














エゴを剥くって、きっと、そういうこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »