« 眠い | トップページ | 仕事、増やします »

2011年6月 2日 (木)

人は他人を鏡にして、自分自身を確認する

子どもたちを見ていると、自分の欲しい物が見えてくる。

目の前の子どもの課題を見つめていると、自分の弱さが見えてくる。

自分の弱さを克服する事が、子どもを育てる事になる。

伸びよう伸びようって頑張っている子どもに、共感していると、

いつの間にか、私の心が育てられている。



「あなたがいてくれて よかった」

上からでもなく、下からでもなく、

対等な目線で、あなたの存在に

感謝しています。

|

« 眠い | トップページ | 仕事、増やします »

アイデンティティーの確立」カテゴリの記事

コメント

うんうん.
子供を見ていると元気がもらえる.
俺の子供は中三だけれど,まだ純真だったりして,反抗期が無いのでかわいいかも.
姪っ子たちはまだ幼いので,この成長しようというまっすぐな気持ち,自分無いなとか思うよ

投稿: HAWK2700 | 2011年6月 3日 (金) 07時52分

子どもの姿には、ホント、心洗われますね^^
私の見ている子どもたちは、親と接する時間が比較的少ない子たちで、満たされない思いや発達に未熟さを抱えている子もいます。
この子たちに変化が見られた時、自分がすべき事が見えてきました。

投稿: HAWK2700 さんへ | 2011年6月 3日 (金) 09時00分

今ふと気がついたんですけど、サブタイが変わってますね^^

哲学の友人は、
人間は投影や転移を繰り返してコミュニケーションをとり「本当の自分」を掘り出していくものである
…と言っていました。
私自身は最近、色んな人を通して自分を見つめているのかもしれません。

「あなたがいてくれて よかった」
これ言われたいなぁ…
でもまず自分がそういう風に人を愛さないと駄目なんだろうなぁ…

この間の「アイデンティティの確立は、ある意味自分の可能性の一部を捨てることである」というお話考えてみました。
私はあれから、断捨離の本、潜在意識に働きかける本、スピリチュアルな本、うつ病のための本を読みました。(←また読みすぎ 笑)
そうしたらこう思えてきたのです。

人は自分の大きな夢を叶えるための"あらゆる可能性"を捨てて、"自分が出来る可能性"のみを取っていく(残していく)ものではないか…と。
自分が本気で夢を思い描けば、天の声がとるべき路を指してくれるそうです。
まだ実感湧かないけど、創作にまい進すれば、それを感じられる日がくるのかなぁ…と思っています(笑)

憂さんの大きな夢、今度聞かせてくださいね^^

投稿: はなえ | 2011年6月 4日 (土) 00時30分

サブタイ、この記事から変わりました。
ACであることが問題というより、ACである故にアイデンティティーが確立されないことが問題なんだと気づいたからです。
>人は自分の大きな夢を叶えるための"あらゆる可能性"を捨てて、"自分が出来る可能性"のみを取っていく(残していく)ものではないか…と。
・・・そうそう、そして、『自分が出来る可能性』は日々変化していく。
昨日できなかったことが今日できるようになってることもあるし、その逆もある。
だから、何度も自信を持ったり失ったりしながら、『等身大の自分』を確認し続けて行くことが、私にとって『楽な生き方』なんだと。
「あなたがいてくれて よかった」
相手と言葉以外のコミュニケーションで意思疎通できるほど深く多面的にかかわって、やっと心からでる言葉だと思います。
目を見ただけで気持ちが通じる、触れただけで何かを感じる、・・・いつでもどこでもって言うのは無理だけど、たま~に、ふと、そんな瞬間がある、っていうだけで、幸せです。

昨日カウンセリングで先生に言われました。
「憂さんは、ちょうどいい時に、ちょうどいいチャンスが巡ってくるね。不思議」と。

投稿: はなえさんへ | 2011年6月 4日 (土) 08時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/126868/40230022

この記事へのトラックバック一覧です: 人は他人を鏡にして、自分自身を確認する:

« 眠い | トップページ | 仕事、増やします »