2008年3月10日 (月)

ぶぅさんのイメージ画


 先日、このブログによくコメントを下さるぶぅさんが、憂のイメージ画を描いて下さいました。
 『ハチクロ』のはぐちゃんのイメージということで、まぁ、なんとかわいらしい・・・。

 と思っていたのもつかの間、憂の新たな一面がばれてしまい、今度は、にしおかすみこさんに変身していました。

 みなさん、人間というのは、『矛盾』の生き物です

 気が小さい面もあるかと思えば、大胆な一面もある。
 ある場面では几帳面なのに、他の場面では大雑把になる。
 人に頼られると元気が出るかと思えば、甘えたくもなる。
 もう一人にしてくれ!と思うこともあれば、「独りぼっちにしないで~」と思うこともある。

 そうです、そんな矛盾を誰しも抱えながら、それでも総合的に固有の秩序を保っていられる人間が、健康な心身の持ち主だと、憂は思います。

 なにが、言いたいかというと、憂のなかに『はぐちゃん』と『にしおかすみこさん』が同居していても、いいじゃないか、だって、人間だもの。・・・ということです。



 で、はい、こちらが、憂のイメージする『ぶぅさん』です。

 

 基本的なイメージは、『竹内結子さん』なのですが、ぶぅさんは「おめめぱっちり」で「まつげがふぁさふぁさ」(自己申告)ということでしたので、このような感じかなぁ、と憂は想像いたします。
 笑顔が眩しいshine
 そして、美形なおねえさんというビジュアルにすごく気さくな言葉遣い。
 人として、ステキな『矛盾』の芸術です。

 憂に対するイメージが変わりつつある方、それは、憂が健康体に近づいているという解釈で、お願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月29日 (金)

最近の憂です

 ふざけているわけでは ありません。

 これは、セラピーです。

 メンタルクリニックの先生も、「絵を描くことは、心を解放する」と勧めてくれました。

 だから、ふと心に浮かんだ事を絵に描くんです。

 これは、憂のうつ病克服への道しるべなのです。

Photo_4 元祖、まったりうさぎ。

 基本的にぼーっとしたり、ごろごろしたりしています。









Photo_5 びっくりうさぎ。

電話の着信音と、来客の「ピンポン」に弱いです。
脈拍推定120回/分。








Photo_6 がっつりうさぎ。

主に昼食時。

主食・・・ねばねばしたもの。






この間、凹んだけれど、セラピーして結構立ち直った憂でした。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

梅の木のように

 先日の絵ですが、憂の気分を描いたのだけれど、ひょっとしたら、見る人自身の心にある気持ちが絵を見た感想に反映するのかもしれないですね。

 何を描いたか、答えを言ってしまいますと、





 『6つのひょうたん』   です。

 その昔、ぽち袋や、手ぬぐいなどに『6つのひょうたん』の図柄がよく用いられました。
それは、ぽち袋や手ぬぐいを送る相手に、『無病』(=六瓢)を願ったからです。

 憂がその思いを込めて描いたら、こういう絵になりました(^^;)

 今日は、こんな絵を描きました。Photo









 庭に咲いた一輪目の梅。

 梅の木って、切れば切るほど、新しい芽が伸びて、花つきがよくなっていく。
 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿・・・、そういえば、昨年も梅の木の記事を書きましたっけ(笑)。

 天に向かってまっすぐ伸びる杉の木もかっこいいかも知れないけど、切られて、切られて、毎年その枝ぶりが変化する、景色を楽しめる、梅の木もまた、風情があってあをによし・・・。
 憂も、切られるたびに風情の出るバウム(木)になりたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

無病を願い

 今日は趣向を変えまして、お絵かきです。

 今日の気分です。
 見る方によって、いろんな風に見えるでしょうね。

 思いつくまま、気の向くまま、描いてみました。

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)